投資CFDとは? 初心者に向けた概要説明

CFDって何?と思っておられる初心者の方に向けて今回はCFDについて話を進めていきたいと思います。
このCFDは、英語で“Contract For Difference”と言い、差金決済取引の事を指しています。
日本ではまだなじみが薄く、投資を行っている方の中にも聞いた事はあるけれど…という方も多い中、欧米では圧倒的なシェアを誇っており、特に資産運用に関しては先駆けとも言われているイギリスでは既に国内投資の3割がCFDだと言われているほどメジャーになっているそうです。

CFDには様々な資産に投資が出来る金融商品の一種で、為替や株式をはじめ債権、原油、金など、いわゆるFX(Foreign Exchange=外国為替証拠金取引)では異なる通貨間での取引なのに対して、CFDは何でも取引する事が出来るというイメージを持ってもらえると分かりやすいと思います。
一般的には株価指数CFDと商品CFDといった様に分かれています。
CFD取扱業者によってはFDと商品CFDを合わせると、数千どころか1万種類ほどの商品を対象取引とする事が出来るところもあり、これらをFX同様にレバレッジ( leverage)をかけて投資を行う事が可能です。

株価CFDは日本をはじめとす世界中の株価指数の売買を行う事が出来ます。
この株価指数は一定の銘柄を選び出し、その平均値を算出したもので、日本の場合では日経平均株価、アメリカだとNYダウ、ヨーロッパだとDAX、イギリスではFTSTなどとなります。
株価指数CDFの便利なところは一般の株取引と比べると、銘柄を選び出す手間が無く、その1社だけに資産運用をかけてみるという事が無いのでその分、投資する側としては少し安心感を得る事が出来るのではないでしょうか。

投資はFX同様にほぼ24時間取引を行う事が出来ます。日本の市場が終了しても、アメリカなど欧米では朝や昼である事も多く、市場は営業をしていますので、リアルな取引が出来るため、一般の会社員などが投資をしようとしてえも、日本市場が終了しているため、今まで出来なかったのですが、CFDなら行う事も出来ます。

投資対象は業者によって取扱い商品が異なりますが、実に様々な商品に対して資産運用を行う事が出来るため、FXの様にお金だけでは無いというところが魅力でしょう。

Posted in 株価指数 | Leave a comment

くりっく株365のメリットについて

皆さんはくりっく株365という金融商品をご存知でしょうか?
くりっく株365は日本で初めて公的な取引所である東京金融取引所にて取引が行えるようになったCFD(Contract For Difference)=差金決済取引型の株価指数証拠金取引の事を言います。

CFDの特徴はなんといっても差金決済を行うという事です。
FX同様に口座を開設し、預けた証拠金を担保にして取引を行えますが、レバレッジを掛ける事で証拠金の数倍から数十倍の取引を行うことが出来ます。
従来の取引では例えば、資金が5万だとした場合、5万円までの取引しか行うことは出来ませんでしたが、くりっく株365では資金5万円を証拠金つまり担保として取引を行え、レバレッジを20倍にすると5万円×20倍=100万円の取引をすることも可能なのです。

では、従来の先物金融商品との違いとはいったいどう異なっているのかというと、金利と配当が前もって組み込まれていました。
しかし、くりっく株365では売りと買いを行っている双方の間で毎日金利と配当に対してのやり取りを行い、これらを受け取ったり支払ったりしています。
一見ややこしそうですが、清算価格×日銀政策金利×日数と言う計算となります。

くりっく株365の最大のメリットは一般的な金融商品とは異なり、ほぼ24時間の取引がオンラインで行うことが出来るという点です。
この他にもメリットはあり、株価指数先物取引の場合、限月呼ばれているいわば満期期日の様なものがあり、最長でも3か月で取引を終えなければいけません。
しかし、くりっく株365の場合はこの限月などは無く、長期で保有する事が出来ます。

もう一つ、覚えておいてほしいメリット、それが証拠金の保護という点です。
東京金融取引所にて上場されている銘柄を売買しますが、店頭取引のCFDとは異なり、くりっく株365の取扱業者に対して“東京金融取引所”が取引相手として清算制度を採用しているため、われわれ投資家が証拠金として預ける資金は全額金融取が分別管理を行っています。
そのため、万が一口座を開設している取引業者が倒産などをしてしまった場合でも、原則全額保護がなされる様になっています。

如何でしたか?意外に多いメリットなので、一度投資対象にされてみては如何でしょうか。

Posted in CFD | Leave a comment

株価指数を対象とした投資、テクニカル分析で金融よりも有利に!

投資といっても様々な方法がありますよね。
その中でも株式投資は昔からあり、投資の中では定番の存在となっています。
しかし投資家によっては、株式投資はリスクが高いから日経平均やTOPIXなどのような株価指数を投資対象にしたい!と考えている方もいるようです。
ただし日経平均やTOPIXを直接売買することはできないので、投資する際はこれらに連動した商品の売買という形になります。
日経平均やTOPIXなどの株価指数に投資できる商品はズバリ5つ!
それぞれの特徴を抑え、自分にとってどれが合っているのかを見極めましょう。

株価指数に投資できる商品と言えば「CFD」「インデックスファンド」「ETF」「先物」「オプション」の5つです。
CFD」は差金決済取引で、レバレッジを効かせることも可能なので少ない資金からでもチャレンジすることができます。
CFDが対象としている金融商品は豊富にあるので個別株式も投資可能ですが、日経平均株価やTOPIXなどのCFDも存在します。
続いて「インデックスファンド」は少額での積立投資ができる商品で、日経平均やTOPIXと連動するように作られているものに投資すれば、擬似的に株価指数に投資することができます。
「ETF」は上場投資信託で、インデックスファンドとは異なり時価で売買できるようになっています。
日経平均の動きとある程度連動しているので、把握しやすいというメリットもある商品です。
「先物」は今の物ではなく、先の物を取引する投資で考え方としては「決済に期限がある日経平均に投資をする」と思うと分かりやすいでしょう。
CFD同様、高いレバレッジを効かせることもできるので少額資金からスタートすることが出来ます。
そして最後の「オプション」はリスクが限定された投資で、日経平均やTOPIXを一定の価格で売買する権利を買ったり売ったりする取引です。

金融機関に預けても金利なんてたかが知れてると思っている方は、この機会に投資にチャレンジしてみてはいかがですか?
まずは基本的な知識やテクニカル分析などの基礎を身に付ける必要はありますが、予測通りに動けば金融機関よりも有利に資産運用が出来ます。

Posted in 株価指数 | Leave a comment

取引時間は24時間。くりっく株365で余裕の日経投資。

株のFXとも言われている株価指数のCFD(差金決済)。
上場企業を対象とした日経株価、つまり日経225(日経平均株価)に連動した株の先物CFDには日経225先物(日経225mini)ともう一つ「くりっく株365」というものがあります。

日経株価との連動のCFDのみでなく株価連動のCFDはポジションの売り買いをするわけですから一般の株式現物投資のような確定日の株式保有によって配当を受け取ったり株式優待を受け取ることはできません。
くりっく株365では日経225miniなどの日経株価との連動CFDの欠点を補うために作られた金融商品です。
くりっく株365では金利と配当の売買が可能となっている商品でより日経225の現物の取引に近い価格で売買が可能です。

くりっく株365では買いボジションを持っていて株価指数に含まれる銘柄に配当があった場合、株価指数ベースでの配当相当額の金額が価格に織り込まれます。
逆に売りポジションを持っている場合は配当相当額の支払いが必要になります。
金利は日銀の政策金利を基準に買い手にとっては資金調達コストとして、売り手にとっては運用益として取引されます。

また、期間制限にも違いがあります。
日経225miniの場合ですと取引期限は約3か月と決められています。
くっきり株365ではこの期間制限がなく無期限です。
このため損出が一定限度を超えた際に発生するロスカットの発動というリスクが存在するのも事実で、この点留意する必要があります。

くりっく株365のさらなる魅力は取引時間が24時間というところでしょう。
くりっく株365を用いれば日経225を24時間取引することができるうえ休日の取引も可能です。
取引期間が無制限ですからサラリーマンの人など帰宅後や休日にじっくりと腰を据えて取引ができるのも大きな魅力です。

Posted in 株価指数 | Leave a comment

やはり日経の指標と連動する株価指数CFDが入門用に最適

日本で利用できる株価指数CFD(差金決済)には株価指数CFD、株価指数先物CFDそして業種別指数CFDの3つです。
株価指数CFDは日経平均株価を基礎とした日経225先物に連動したCFDです。

株価指数先物CFDは東京証券取引所に上場された銘柄の時価総額から計算されたものでTOPIX指数に連動しています。
業種別指数CFDは東証一部上場企業を業種ごとに分類して指数を計算したものに基づいて取引されます。
業種は10種類で、電気機器、輸送機器、銀行、化学、電気ガス、食料品、石油、石炭、医薬品、卸売です。

株価指数CFDは日経平均を基礎としているので堅い取引が実現でき初心者が最も始めやすい先物と言われています。
日経平均を基本としているということは日本の経済状況が株価に強く反映されていると考えられます。
先物取引の動向分析にあたって通常用いられるのはチャートを分析し、その法則性から売買のタイミングを決定するテクニカル分析と日本の経済事情や政府の金融政策等の実態面の分析を行うファンダメンタルズ分析が代表的なものです。
日経指数と連動する株価指数CFDは主に日本国内の経済事情に強く影響されますからファンダメンタルズ分析の情報も収集しやすく、このことも日経指標連動の株価指数CFDが入門者用に最適と言われる所以ではないでしょうか。


Posted in 株価指数 | Leave a comment

堅い取引所取引の株の先物

株式等の売買は取引所取引で行われるのが一般的です。
この方式が採用されるのは、証券会社や投資家等多数の参加者を一か所に集めることで需給を集中させ市場の流通性を拡大しその地域の経済事情に即した適正な競争価格を形成することができるからです。

取引所には一般に厳格なルールが存在し、取引所取引が行われる株は上場基準を満たした会社の株式に限定されており高い信用を持っている株とみなしてよいでしょう。
取引所取引される商品は現物の株式だけではありません。
日経225先物やTOPIX先物など平均株価の指数の売買も行われています。
取引されるのは買付けあるいは売り付けされた時点の先物価格と決済時点での先物価格との差額です。
これをEFD(差金決済)と呼びます。

先物取引には担保として証拠金が必要です。
また証拠金を提出することでその何倍もの取引が可能になります。
株の先物の取引単位は日経225先物で1000倍、TOPIX先物で10000倍です。
証拠金は証券会社によって異なりますが概ね5%程度です。
これでは一般投資家には手が出ないので取引単位や証拠金が10分の1のミニ日経先物やミニTOPIX先物が存在します。
株価が1000円だとして日経225ミニであれば100倍の10万円から株の先物の取引がはじめられます。
これならば庶民投資家も先物の株の取引きに参加可能ですね。

Posted in 株価指数 | Leave a comment

日経225ETFで日本のマーケットの平均値を確実に確保

金融資産の運用をするとき分散型投資をするのが最も堅実であることは言うまでもありません。
とはいえ一般の庶民、個人投資家が分散投資を行うだけの資金を集めるということは不可能に近いです。
この為、銀行や証券会社が多くの投資家から少額資金を集めファンド化して株や債券を運用する投資信託があります。
しかしこの一般的投資信託の場合、投資家から見た場合、売買の自由度が減りマーケットの情勢に合わせた高い利回りを確保することが難しくなります。

これに対してETFは投資家による指値注文や信用取引が可能で投資家の工夫によって一般の投資信託よりも高い利回りの確保が可能です。
ETFとは「Exchange Traded Fund」のことで証券取引所に上場したTOPIXや日経225などの株価指数などに連動する投資信託です。

ビギナーにも始めやすいETFとしてはやはり日経225ETFが一番有名でしょう。
庶民の個人投資家が株式投資を始めるにしても少額の資金の範囲内でどのような銘柄を選択すべきかなかなか素人には判断できません。
この点日経225ETFであれば証券会社と運用会社が連携し日本の株価の平均値を確実に確保してくれます。
日本は少子高齢化で高い成長は見込めませんが日本の企業にも多国籍企業は多数存在しグローバルに利益を確保しそれが株価に反映されています。
少なくとも長期的な投資を考えるのであれば日本の株式市場のアベレージを確保する日経225ETFなら資産を目減りさせることはありません。
また、指値注文も可能なので投資家の工夫も反映させることができます。

Posted in 株価指数 | Leave a comment

日経225のCFDと配当金の決済について

金融用語でCFDという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
CFDとは「Contract For Difference」の省略形で一般に「差金決済契約」と翻訳されています。
つまりCFDは「証拠金取引」のことでレバレッジをを利用した取引が可能です。
そうです。
実はFX取引もCFDの一つなのです。

CFDにはFXの他に株式投資や債権、株価指数、先物商品などのCFDが存在します。
この中で株価指数のCFDに日経225先物があります。
差金決済であるCFDは売買の金額がそのまま動くのではありません。
売買の結果生じた差金のみが決済されるという仕組みになっています。
CFDは証拠金取引ですから担保としての証拠金の何倍もの金額をバーチャルに運用することができるレバレッジが可能です。
日経225先物では日経平均株価の1000倍が1単位となります。
例えばある銘柄の価格が1000円であった場合、100万円から取引が可能となります。
これでは少額の投資しか運用できない個人投資家が参入できません。
そこで1/10の100単位から取引が可能な日経225miniという取引形態もあります。
前の例でいうと株価が1000円の時10万円から取引可能です。

さらにCFDだとさらに少ない証拠金で取引を開始することができます。
証拠金の額は金融会社によって違いますが、1%から取引可能なものも存在します。
前の例でいうと1万円から取引可能ということになります。
証拠金も5%程度で5万円を担保に提出すればよいことになります。
庶民の個人投資家にとっては利用しやすい取引形態ですね。

一般の株式投資であれば権利確定日に株式の保有をしていれば配当が得られます。
CFDは株式自体を買うのではなくポジションの売買ですから配当金は受け取れません。
その代り配当金調整額を受け取ることができます。
配当金調整額を受け取ることができるのは買いポジションを保有している時です。
逆に売りポジションを保有している場合は配当金調整額を支払わなければなりません。

Posted in 株価指数 | Leave a comment